PAGE TOP
PAGE TOP

Information

2017年02月21日

マルチクラウドに対応した負荷テストサービスを提供開始。

「構築済み負荷テスト環境を利用して、簡単にテスト結果がわかるサービス」

~第1弾はMicrosoft Azureから~

オープンソーステクノロジーを用いたSIソリューションを手掛ける株式会社アウトソーシングテクノロジーは、試験実施環境が選択できる「負荷テストサービス」の提供を、2017年2月より開始しました。まずはマイクロソフト社のクラウドプラットフォームMicrosoft Azureからサービスを開始します。

img_stresstest01

【サービス提供の背景】

システム開発においては、そのサービスの中心になる機能の開発が優先されてしまい、性能テストに対し不十分な状況でのリリースを余儀なくされるケースが多くあります。しかしながら、環境構築やシナリオ作成に割く時間がなく、アウトソースを検討しても標準化されたサービスがあまりありません。そこで、アウトソーシングテクノロジーでは、自社内のシステム開発で有用性を検討し、わかりやすいパッケージとして提供することを目標に本サービスを開発いたしました。
すでにMicrosoft Azureのクラウド上での検証を完了させ、サービスリリースの準備を行っております。Microsoft Azureは、豊富なマシンラーニング系APIを標準で用意していることから、本サービスにおいて、より精度の高いレポーティングを実現する上で最適と考えております。今後、IBM社BluemixやAmazon社AWSのマシンラーニングの対応を確認しつつ、本サービスとしても順次、対応予定です。

【サービスの概要】

お客様にて、専用テンプレートを基にシナリオを作成し、アウトソーシングテクノロジーに送付後、負荷試験環境(お客様が希望されるクラウド環境の選択が可能)を、ご利用いただけます。以降一週間(7日間)テストをご自由に実施いただくことが可能です。
今後、Microsoft AzureのAPIを活用し、AI機能を使用した精度の高いレポートの提示を行っていく予定です。

<4つの特長>

1.独自にツールを組み合わせることで、HTTPSを正式にサポートします。
2.テスト環境構築の手間を省き、手軽に負荷テストを実施いただけます。
3.機械学習(AI機能)を用いた解析で、より精度の高いレポートの提示が可能です。
4.構築を委託いただいた場合、スタンダードプランの30万円が無料になります。

※詳細は「負荷テストサービス」サービスページをご参照ください

 

■エンドースメント
本リリースについて、日本マイクロソフト様よりご賛同いただいております。

日本マイクロソフトは、アウトソーシングテクノロジー様の「クラウドに対応した負荷テストサービス」の提供開始を心より歓迎いたします。
お客様のシステム開発における負荷テストを効率的かつ実践的に実施いただく上で、Microsoft Azureを基盤としたプラットフォームと、マシンラーニング機能を始めとしたAI のテクノロジーが最適であると確信しています。
今後も日本マイクロソフトは、アウトソーシングテクノロジー様と連携しながら中堅中小企業のお客様のクラウドによるシステム開発の推進を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 SMB営業統括本部 統括本部長 佐藤 亮太

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社アウトソーシングテクノロジー
クラウド&プラットフォーム課 門出(かどで)
03-3273-3501
メールでのお問い合わせはこちら