PAGE TOP
PAGE TOP

Information

2018年09月07日

アウトソーシングテクノロジー協賛『ロボフェス2018』に行ってきました

2018年9月1日、パシフィコ横浜の展示ホールにて、アウトソーシングテクノロジーがスペシャルスポンサーとして協賛する『東京工芸大学Presents ロボットフェスティバル2018』が開催されました。
多くの方がご来場された、会場の様子をご紹介します。

ロボフェス2018

会場は、手前側に競技スペース、奥側に体験スペースとエリアが分かれています。
競技スペースでは「ロボット相撲」「マイクロマウス」「ROBO-ONE」などのロボットコンテストが開催されており、競技者と数多くの観戦者で人だかりができ、その結果1つ1つに歓声があがっていました。

ロボフェス2018
ロボフェス2018

特に「ロボット相撲」は、競技を知らない人間からすれば「これが相撲?」と意表を突かれるような動きをするロボットたちにより、観戦者を魅了する激しい闘いが繰り広げられていました。

また、体験ブースでは、数多くのロジカルな仕掛け遊びや、ロボットやドローンの操縦体験などのブースが並び、小学生・中学生くらいの子どもたちが夢中になって遊んでいました。
少し並べば体験できる回転の速い催し物が多かったので、気に入ったものは何度も挑戦して遊ぶ子どもの姿も見受けられました。
※ドローンの操縦体験などの人気ブースは整理券制です

ロボフェス2018
ロボフェス2018

■アウトソーシングテクノロジーのブース

アウトソーシングテクノロジーのブースでは、ヒューマノイドロボットNAOがお出迎え!子どもたちとお話したり、ダンスを踊って見せたりと、多様なパフォーマンスで、遊びに来てくれた皆さんを歓迎しました。

ロボフェス2018

また、日本テレビで放送された「鳥人間コンテスト」の様子を流した動画も評判が良く、多くの方にご観覧いただきました。
(アウトソーシングテクノロジーは鳥人間コンテスト2018に、チーム「Flower’s factory」として、出場しました)

■懇親会の様子

ロボットフェスティバル終了後は懇親会が開催され、先生や学生たちが活発に情報交換をしていました。競技で戦ったチーム同士も、敵・味方関係なく、自分たちが作ったものを見せ合ったりと終始楽しそうな雰囲気での懇親会となりました。

ロボフェス2018

お互いにライバルでありながらも「もっとこうしたほうがいいよ」などと話をしているのが印象的で、皆さんのロボフェスを盛り上げたい気持ちや、ものづくりに対しての熱意が伝わり、見ている私たちもとても感動しました!

次世代のものづくりを支える皆さんのサポートが少しでもできたなら、とても嬉しく思います。次回のロボフェスでは、さらに技術を磨いたチームの戦いが繰り広げられるのではないでしょうか。次回開催も楽しみにしています。

参考サイト

東京工芸大学Presentsロボフェス2018
http://www.seit.t-kougei.ac.jp/vision/RobotFestival/index.html

アウトソーシングテクノロジー ロボティクスWEBサイト
https://www.ostechnology.co.jp/robotics/

このお知らせに関するお問い合わせ

(株)アウトソーシングテクノロジー
新卒採用課 大岡
TEL:03-3286-4884
メールでのお問い合わせはこちら