PAGE TOP
PAGE TOP

Information

2019年07月17日

CATIA研修<初級編>の紹介 ~CADの座学とCATIA 操作を体験~

機械や電機など「ものづくり」領域のエンジニアが所属する、R&D事業本部の東京支店で取り組んでいるCATIA研修。今回は、CADに触れたことがほとんど無い方を対象にした<初級編>の様子をご紹介します。

CATIA研修_初級01

本研修は、現役のエンジニア(社員)が講師となり、CATIA初心者から上級者向けまで、スキルレベルに合わせた内容を学べる研修です。10月より月1回を目処に、継続して開催しています。

関連記事

CATIA研修をスタートしました(CAD経験者・未経験者向け)
https://www.ostechnology.co.jp/information/20181204/
CATIA研修<応用編>の紹介~モノの計測からモデル作成まで、設計思考を身につける~
https://www.ostechnology.co.jp/information/20190524_1/

<初級編>は、未経験者・生産技術現場の方・営業や事務の方などを対象に、
・他業種の知識習得により仕事の幅を広げる
・実際にCATIAに触れることで、興味を深める
・『CAD利用技術者試験二級(資格試験)』への足掛かりとする
など、自身のキャリアアップに研修を活用してほしいという想いから実施しているものです。

CATIA研修_初級02

■CATIA研修初級編。CADの知識を学び触れてみる

まず、CADがどんなものなのか、基本機能について講義形式で伝えます。受講者とのディスカッションを通じ、研修で何を学びたいのかを明確化していきます。
・CADの中でもCATIAを触ってみたい
・CATIAの知識を今の業務に活かしてスキルアップしたい
・将来的にキャリアチェンジをしたい
など。皆さん目的はさまざまです。

CATIA研修_初級03

座学後は、CAD(CATIA)を操作し、基本的な操作方法、寸法測定方法、断面の投影方法などを学びます。最後に、簡易的なモデル作成を行い、作業の流れを体験してもらいました。
少人数ということもあり、講師が各テーブルを回りアドバイスするので、受講者は自分のペースで理解を深めていました。

「CATIAという名前を聞いたことがある」、「画面を見たことはある」といった状況から、実際に触ってみるというのは、大きな一歩になったかと思います。

【東京支店 教育チームより】

<初級編>の研修修了後は、本人の意向により次のステップの研修へ進むことも可能です。
研修で得た「気付き」を、自身のキャリアに活かしていけるよう、研修内容もブラッシュアップをしつつ運営してまいります。