プロダクトサービス課 product service

  1. ホーム
  2. >
  3. 事業紹介
  4. >
  5. 各課の紹介
  6. >
  7. プロダクトサービス課

プロダクトサービス課

プロダクトサービス課(PS課)では、お客様の事業や経営課題にあわせて、解決するためのソリューションを提案する、提案型の仕事をしています。自社でサービスやパッケージを作ると同時に、自社では対応しきれない部分は提携先企業のプロダクトを積極的に取り入れ、最適なサービス提供を心掛けています。
取り扱っているサービスは、Drupal、eSuite、スピンメディア、サイトコア、Azure、Red Hat Linuxなど・・・技術商社のように、お客様の要望に応えられるように年々サービスメニューの幅を広げています。

転職をお考えの皆さんへ

「大きな仕事を成し遂げたい」「世の中に役立つサービスをつくりたい」そんな熱い想いを持ってエンジニアになった人も多いと思います。でも、実際の仕事は長い工程の一部分だけ・・・なんてことはありませんか?
PS課では、自分はこのサービスを作っていると、胸を張って言える仕事ができます。
お客様の立場で事業内容や課題を考えるコンサルティング部分から関わっているため、いち作業ではなく全体を俯瞰した仕事をしていく必要があります。また、海外企業へのサービス導入や、海外プロダクトも積極的に取り入れているため、働くメンバーもグローバル。打合せも英語で行うことが多いです。

・・・ここまで読んでいただいて、難しく感じられたかもしれません。
でも、実はわたしたちも未経験の領域を手探りで進めている部分がたくさんあります。
新しいプロダクトを取り入れたり、未経験の業界の仕事も多く、毎日が勉強の連続。英語が話せないメンバーも、毎週英語の勉強会を行ったりと、チームでベースアップして行こうと切磋琢磨しています。
そんなPS課だからこそ、いっしょに働く人も何よりマインドを重視しています。今お持ちのスキルより「こんなことをやりたい」「自分ならできる」という前向きな気持ちをお持ちの方のご応募をお待ちしています。

 

未経験の仕事もまかせてもらえる。幅広い活躍ができる会社

もともと移動体通信(※)を行っている会社でプログラマとして就業していました。その会社が移動体通信事業をアウトソーシングテクノロジーに事業譲渡することになり、僕自身も移籍。開発の仕事をいくつか経験し、今はサイトコアというCMS(※)を扱うセクションで仕事をしています。
サイトコアはC#でできているのでプログラム部分は問題ないのですが、CMSの仕組みを理解するのは少し苦労しています。あと、インプットは得意な方だと思うのですがアウトプットの難しさを最近は感じていますね。でも、新しい技術や役割をどんどん任せてもらえる環境は本当に有り難いです。
将来的にはマネジメントも経験して、幅広い活躍ができるようになりたいと思っています。

※移動体通信・・・片方または両方の端末が移動することのできる通信方式のこと
※CMS・・・Webサイトのコンテンツを作成・管理できるシステム
 
 

子育ても仕事も諦めない。やりたいことを実現していく

もともとお客様先に常駐しWEBデザイナーとして働いていました。
産休育休を経て、仕事復帰ししばらくしてPS課に異動。現在は自社パッケージのソース修正やデザイン変更や手配などを行っています。
自社だから調整がしやすいというのもあると思いますが、子どもの急な病気のときも、柔軟に対応をしてくれるので助かっています。今の上司は男性ですが、育児への理解度って男性だから女性だからというのはあまり関係ないのかなと思いますね。
今は子供も2歳前で手もかかるので、勉強の時間がなかなか持てないのが悩みです。贅沢な悩みかもしれませんが(笑)今後はマネジメントやWEBの解析なども携わって行きたいです。子育ても仕事も、両立がしやすい環境で、やりたいことを実現して行きたいと思っています。

ENTRYアウトソーシングテクノロジーへのエントリーはこちら

});