キャリアパス Career path

  1. ホーム
  2. >
  3. キャリアパス

ITエンジニアのキャリアパスも多彩に

ITエンジニアのキャリアパスと言えば、かつては、PG(プログラマー)→SE(システムエンジニア)→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネージャー)という流れが一般的でした。しかしながら、求められる技術の専門化、高度化、多様化にともない、エンジニアのキャリアパスも単純ではなくなってきています。
ダイバーシティのことば通り、アウトソーシングテクノロジーでも働くエンジニア1人ひとりの多様性を受け入れ、主役であるエンジニアが活躍できるキャリア支援の体制づくりを推し進めています。

SL、CL、TLというマネジメントポジション

アウトソーシングテクノロジーの独自の体制として、SL(セクションリーダー)とCL(クライアントリーダー)のポジションがあります。
エンジニア派遣やSESなどの客先常駐では、担当営業がエンジニアをマネジメントしたり評価したりすることが一般的ですが、担当営業がエンジニア職の未経験者(非エンジニア)であることも多く、評価やコミュニケーションに不満を感じるエンジニアも少なくありません。

アウトソーシングテクノロジーのSL、CL、TLは、この評価とスキルアップをはじめとした技術に関するコミュニケーション部分を、上位エンジニアが行うことにした仕組みです。
TL(チームリーダーが8~10名のエンジニアをマネジメントし、CLがクライアントごとの数名のTLをマネジメント、SLがセクション(エリア)ごとのCLをマネジメントします。
この仕組みの導入により、営業担当も純粋に営業に専念できるため、同業他社に比べてていねいな対応ができ、営業担当に対するエンジニアの満足度は9割(社内調査)を超える好環境を構築できています。

組織運営にも関わることができるキャリアアップ

また、この仕組みにより、SL、CL、TLは、エンジニアでありつつも、マネージャーとして組織運営に関われるようになります。会社のオフィシャルの制度としてマネジメントに関わるため、プロジェクトごとのマネジメント以外にも、組織運営的な視点、経営的な視点から、環境や待遇の改善提案や実施が可能です。成果を出していけばマネージャーから執行役員、さらにグループ企業の経営者に・・・というキャリアアップも、アウトソーシングテクノロジーではとても現実的な話なのです。

ENTRY現在、急激にIT系の事業が拡大しているため、ITエンジニアの積極採用を行っています。
ジョブチェンジやフリーエンジニアとして活躍されていた方のエントリーも大歓迎です。

エントリーはこちら