アウトソーシングテクノロジーのITエンジニア Engineer

  1. ホーム
  2. >
  3. アウトソーシングテクノロジーのITエンジニア
  4. >
  5. 手を挙げればチャンスはいくらでも。グローバルな環境で新たな仕事をつくる
手を挙げればチャンスはいくらでも。グローバルな環境で新たな仕事をつくる

手を挙げればチャンスはいくらでも。グローバルな環境で新たな仕事をつくる

-今の仕事内容を教えてください。
4年前まで広島の流通業向けソフトハウスでマネージャーをしていました。M&Aでアウトソーシングテクノロジーに参画。東京のプロジェクトのために上京し、今は自社サービスや自社プロダクトを取り扱うPS課のマネージャーをしています。

現在3つのプロダクトサービスを運営しています。
・電子書籍、新聞をアプリで配信できるSpinMedia
・世界的に使われているCMSのDrupal構築
・ビジネス向けアプリケーションのeSuite

これらは、それぞれ別の会社のプロダクトやサービスだったのですが、M&Aをきっかけにアウトソーシングテクノロジーで事業を行うことになったものです。サービスの企画から導入、保守まで一貫して行っています。

-やりがいはどんなところでしょう?
全てに対して自分で考えて行動し、その結果も返ってくること。予算組みからアクションを起こして…と、ひとつのベンチャーみたいでやりがいを感じます。
M&Aでアウトソーシングテクノロジーに入ってからすぐに、銀行やカード会社、証券会社等の大手との取引が出来るようになりました。アウトソーシンググループとしての信頼性の高さを感じましたね。安定した基盤のおかげで、仕事の範囲も広がったと思います。

-PS課はどんな雰囲気ですか?
新しいことに取り組もうとしている人やチャレンジ精神にあふれた人が多いですね。
在籍しているメンバーは年齢層も国籍も様々。一番下は21歳、一番上は41歳です。現在は日本人のほかに、ミャンマー、インド、ベトナム、香港、バングラディッシュ出身の社員が3分の1ほど在籍しています。様々な国の人がいて、考え方の違いもありますが、それぞれが個性を受け入れながら仕事をしています。

-実際に、新しいことへの取り組みは活発ですか?
はい。自分がやりたいことを実現できる環境があります。たとえば、スマホアプリを作りたい社員が会社に提案して開発し、実際にリリースしたり。Drupalを使ってLINEと同期するサービスを展開したり、AIの開発をしたり。手を挙げる人にはチャンスが山ほどありますよ。

-課としては、今後はどんな展開を予定していますか?
海外の新しいシステムを日本に持ってきたり、逆に日本のシステムを海外に持っていくということを行いたいです。実際に、インドや香港、ヨーロッパ等に開発のパートナーを増やしており、海外のクライアントとの取引も増えつつある状況です。
また、海外との取引は、日本とは違う部分もあります。語学力だけではなく、グローバルなビジネススキルを底上げして行くため、勉強会も定期的に行っています。

-ありがとうございます!最後に、PS課ではどのような人材を求めていますか?
PS課では、コンサルティングから導入まで行っているので、いち作業だけではなくお客様の課題をどうしたら解決できるのか考えられる人がいいですね。ビジネスを作りたい!という想いを持った方は大歓迎です。
未経験や経験の浅いところからスタートしている方もたくさんいます。一人じゃ自信は無くても、ここではみんなで目標を共有して、同じゴールに向かって働いています。向上心のある人、チャレンジ精神を持っている人には、活躍できるフィールドがいくらでもあります。

PS課に配属になったら一生この会社でやっていくという意欲がある人は、ぜひ来てください。将来のためのステップではなく最後まで、ずっと働きたくなるような会社をいっしょに作りましょう。

ENTRY現在、急激にIT系の事業が拡大しているため、ITエンジニアの積極採用を行っています。
ジョブチェンジやフリーエンジニアとして活躍されていた方のエントリーも大歓迎です。

エントリーはこちら