メッセージ Message

  1. ホーム
  2. >
  3. メッセージ

時代に合わせて企業も人も変化していく

取締役 本部長
ソリューションサービス事業本部管掌
高田 進一朗

ここ数年、私たちの働き方は大きく変化しています。大企業に就職すれば一生安心という時代ではなくなってきており、個人のスキル向上や収入源の分散が、私たちの選択肢として当たり前になってきています。
アウトソーシングテクノロジーも、設立以来、常に変化をしてきました。M&Aや事業提携を行うことで、技術商社のように提供できる技術メニューを増やし組織力を高めています。昨年だけでも新たに5つの技術サービスを導入し、新規事業としてスタートしています。
会社が1つの領域に特化していないことは、人によっては方向性が定まっていないように感じるかもしれません。しかしながら収益源を複数持っていることは、変化に対応し得る強い組織とも言えるのです。

スキルアップの秘密は、技術とヒューマンの教育研修制度

エンジニアの働く企業の多くで課題となるのが教育です。「エンジニアは常に勉強が必須。個々人で勉強すれば良い」という会社もあると思います。たしかにその通りですが、ちゃんと学ぼうとすると時間もお金もかかりますよね。
個人でPHPを学んでいたり、スマホアプリを作っていたりという人も多いですが、ずっと自己流でやってきたので1度きちんと学びたいという声もたびたび耳にします。

アウトソーシングテクノロジーのグループ会社シンクスバンクでは、KENスクールというITスクールを運営しており、アウトソーシングテクノロジーの社員もEラーニングを無料で使えるようにしています。スクールに通う授業も半額で受講できるように社割制度を設けているので、個人的に学びたいスキルがある人やスキルチェンジをしたい人が通っています。
また、社内でヒューマンスキルの研修を設けているのもアウトソーシングテクノロジーの特徴のひとつ。エンジニアも上流工程に携わると、マネジメントや折衝を行う場面が増えますので、研修で自信をつけ実務に活かしてもらっています。技術的な教育とヒューマンスキルの教育、2軸の教育研修でスキルアップにつなげています。

実際に、インフラエンジニアからJavascriptを勉強し、企画開発の部門へ異動した社員もいます。もちろん、勉強したからと言って必ず希望の職種やプロジェクトに就けるわけではありません。同じ勉強をしても、理解度や吸収度合いも人それぞれ違うので。
それでも、やりたいことを明確に持っていて努力をしている社員は、会社としてもできる限りサポートしたいと思っています。

多様なキャリアを支援できるから、やりたいことがある人はぜひ飛び込んできてほしい

アウトソーシングテクノロジーは流れの早い会社。普通の会社が10年かけてやることを1年でやってしまうようなところがあるので、やりたいことが明確な人はその流れに乗ってスピーディーに想いを実現していくことができます。
転職で来てくれる人も、スキルがあることはもちろん歓迎しますが、何よりマインドを重視します。自分が何をやりたいのか、何が好きなのか、自分なりの想いを持っている人に来てほしいですね。
エンジニアのスキルアップも、PG、SE、PL、PM・・・という画一的な時代でもないですし、やりたいことは人それぞれで構いません。「経営に携わりたい」でも「粛々と技術を極めたい」でも、アウトソーシングテクノロジーには応えられる環境がある。サービスコンテンツも年々増えているので、色々なスキルや役割を経験するチャンスが多い会社だと思います。エンジニア目線で新しいビジネスを作りたい、という方も歓迎します。アウトソーシングテクノロジーというフィールドを、思う存分活用してほしいですね。

ENTRY現在、急激にIT系の事業が拡大しているため、ITエンジニアの積極採用を行っています。
ジョブチェンジやフリーエンジニアとして活躍されていた方のエントリーも大歓迎です。

エントリーはこちら