1. HOME > 
  2. アウトソーシングテクノロジーのご紹介

アウトソーシングテクノロジーのご紹介

アウトソーシングテクノロジーってどんな会社?

「株式会社アウトソーシングテクノロジー」は、製造関連業務の受託・派遣企業として、日本のものづくりを長年支えてきた東証一部上場企業、株式会社アウトソーシングの子会社です。
親会社が日本の産業界に「力(パワー)」や提供する会社なら、アウトソーシングテクノロジーは「技(テクノロジー)」を提供する会社です。

東京駅直結のトラストタワー本館にある本社をはじめとして、日本を中心に世界に拠点を持ち、社員数は5,000名(2017年3月現在)を超えます。その大半が優秀なエンジニア(技術者)たちで、幅広いテクノロジーに対応できる優れた技術と知識を持っています。

この優れたエンジニアたちを統率している茂手木社長はまだ30代後半で、執行役員もほとんどが30、40代と若く、個性的ながらも全員が仕事のできる頼もしいビジネスパーソンです。IT企業のような華やかさこそありませんが、若くて真面目な社員が多く、フラットで質実剛健な社風が特徴です。一般的に男性比率が高い業務請負・エンジニア派遣企業としては、女性比率は業界でもっとも高いと思われる16%です。これは産休・育休の取得率100%からもわかるように、技術者派遣業界は女性にとって働きやすく、復職しやすいためと考えられます。アウトソーシングテクノロジーとしても、この「エンジニアプリンセス」の開設をはじめとして、女性の採用をより積極的に行っています。

アウトソーシングテクノロジーが大切にしていること

アウトソーシングテクノロジーは、その名前の通りアウトソーシング業を主力事業としています。アウトソーシングは、単なる人材派遣業とは違い、お客様となる企業からのリクエストに、人単位だけではなく事業単位でも対応します。お客様が自分たちでできることを、より効率的・効果的に遂行することで事業をお任せいただけるようになるため、優れた技術力や設備・機材、ノウハウ、そして何よりも事業を遂行するための人材が必要です。そのため、人材の採用、そして育成と教育・・・出会いと成長をとても大切に考えています。

企業の成長と人の成長が、ひとつの道の上にあるこの考え方を、私たちが本気で実践している限り、お客様となる企業は今後もますます多くなり、一緒に成長していけるエンジニアもどんどん増えて、さらに安定した事業運営が可能になると信じています。
事業に関わっているすべての人たちと、未来へ向かって共に歩んでいけることが、私たちアウトソーシングテクノロジーがもっとも大切にしていることです。

page top