1. HOME > 
  2. 男性並みの評価と収入ならエンジニア

男性並みの評価と収入ならエンジニア男性並みの評価と収入ならエンジニア

できる!女性エンジニア齋藤さん

男性並みの評価と収入なら!

男女差のない評価と収入を得たい!チャンスがもっと欲しい!本気でキャリアップを目指している女性エンジニアなら、アウトソーシングテクノロジーへ

もしかして、あなた…

使えない男性社員・・・

「要領わるすぎ!何でこんなことがわからないの?ホントに使えない!私ならもっと上手く・・・」仕事のできる女性なら、仕事のできない男性の同僚に対してダークサイドの禁止ワードが、心の奥底で渦巻いていませんか?「会社の都合、組織やチームのため、今回はタイミングがちょっと・・・。」とはぐらかされ、やりがいがありそうな仕事は女性である自分には任せてもらえず、男性社員に任されてしまう。そんなくやしい経験はありませんか?いつか、あなたを認めてくれると待っているうちに、心の奥底で渦巻く気持ちが、あなたの情熱を冷え切らせて、その才能が花開く前に、閉ざしてしまうかもしれません!

もし、あなたが…

魔法のように素晴らしい潜在能力を持ちながら、その能力を発揮するのを怖がっている雪の女王なら、女王にふさわしい活躍の場にご案内です! 魔法のように素晴らしい潜在能力を持ちながら、その能力を発揮するのを怖がっている雪の女王なら、女王にふさわしい活躍の場にご案内です!

エンジニアの評価には男女の区別はありません。けれども、なぜかあなたには、リーダーとしての役割が回ってこなかったり、いつまでも誰かをサポートする役割のままだったりしませんか?
エンジニアとしてもっと頑張りたい!もっとチャンスが欲しい!大きな活躍のステージが欲しい!技術力に見合った高収入も欲しい!そんな向上心あふれる素敵な女性を、アウトソーシングテクノロジーはせいいっぱい応援します! 人生の3分の1は仕事に使う時間と言われています。せっかく働くなら、もっとあなたを必要としてくれる場所で充実した仕事をしませんか?

華麗なる変身を遂げ…活躍するプリンセスをご紹介 華麗なる変身を遂げ…活躍するプリンセスをご紹介

CADを魔法のように操る田中さん単なるオペレーターではなくプロの技術者として活躍!
自分にチャレンジし続ける齋藤さん多彩なキャリアパスを描ける技術者派遣業界へ

アウトソーシングテクノロジーに移ってから経験の幅が広がり、単なるCADのオペレーターではなくプロの技術者として扱われています!アウトソーシングテクノロジーに移ってから経験の幅が広がり、単なるCADのオペレーターではなくプロの技術者として扱われています!

CADオペレーター田中さん

田中さん31歳(仮名)

同じ経歴、同じ研修でも女性は不利?!

「新卒後、機械業界大手企業の設計部門に就職し、CADオペレーターとして配属されました。けれども、毎日CADの操作のみで設計は少しも担当させてもらえず、トレーサーとしてしか扱われませんでした。」

「でも次の年に入ってきた後輩の男子の中には、私が受けたものとまったく同じCADの研修後、すぐに見習いとして設計を担当させてもらえている人もいました。あれ?と思ったのはそのときが最初です。」

もともとガッツリ仕事をやりたかった田中さんは「自分も設計をやりたい」と上長に直談判しましたが、よい返事は得られず、他部署への異動申請も却下され、このままではキャリアパスを描けないと感じて、すぐにその会社を辞めてしまいました。

若いころの転職は仕事を選べない・・・・・・

「まだ若かったので転職は簡単だと思っていました。でも若いころは技術や経験がないので職種を選ばせてもらえないんですよね。機械設計関連の会社の面接では、設計の経験がないことをいつも指摘されました。内定が出てもCADオペレーターとしての低い評価、安い給料でガッカリしました。『契約社員なら』と打診されることも多く、自分が甘かったことを実感しました。
なかなか転職が決まらず、いつまでもブラブラしている訳にもいかなかったので、CADオペレーターとしてですが、正社員採用のオファーを出していたアウトソーシングテクノロジーへ入社しました。すぐにCADのオペレーターとして某機械設計事務所に配属となりました。その頃は『エンジニア派遣』という業態も良くわからず、女性採用に積極的な点に好感を持っただけで、正直つなぎのつもりでした(笑)」

採用担当A

技術者に正当な評価と待遇をしてくれるエンジニア派遣(技術者派遣)という業界

CADオペレーターとして派遣されるため、CADオペレーター業務しかできないという点は前職と同じでしたが、新しい職場ではプロの技術者として扱ってもらえる点が、田中さんにとって大きな違いに感じられたそうです。設計士の方々からは指示だけでなく細かいアドバイスももらうことができ、田中さんも、ていねいでスピーディに仕上げることに仕事のやりがいを感じるようになりました。

「アウトソーシングテクノロジーでは、子会社のKENスクールというITスクールの全講座を半額で受講できる社員特典があったので、業務のあとに3次元CAD(CATIA V5)の講座に通い、3次元CAD利用技術者試験の2級、そしてその1年後には1級を受講して資格を取りました。ほぼ定時で終わる職場だったので、どうせならここに居るうちに利用しない手はないと思いまして(笑)」

KENスクール教室

KENスクールの応用講座も受講した田中さんは、その時点ですでに自動車関係の機械設計もできるようになっていましたが、機械設計事務所との契約終了後は、あえて別業界を体験したみたいというリクエストを出しました。

「もうこの頃は設計にこだわっていませんでした。むしろCADを極めてしまおうと思いました。(笑)」

田中さんのリクエストが受け入れられて、CADオペレーターという業務内容はそのままで、その後は建築業界、電機メーカーへの派遣となりました。

技術を身に付けるだけでなく、技術を活かす経験を積めることが「手に職をつける」ということ

複数の業界を経験したことと3次元CAD利用技術者試験1級という資格により、田中さんはどこからも歓迎される人材として高い評価を得ています。

「派遣って、単なる作業者として派遣されてしまう・・・というイメージがありましたが、エンジニア派遣(技術者派遣)の業界では、社内の人間にはできないことをやるプロの技術者として歓迎されてばかりでした。経験を積みたいなら、エンジニア派遣業界に身を置くことはその近道になると思います。それに、アウトソーシングテクノロジーならどこへ派遣されようと正社員としての待遇はそのままという点も、実はとっても安心でした(笑)」

CADを魔法のように操るAさんの華麗なる10年 CADを魔法のように操るAさんの華麗なる10年

プロジェクトマネージャーを目指しSIerからWEB系への転進。企画やマーケティングも。多彩なキャリアパスを描ける技術者派遣業界プロジェクトマネージャーを目指しSIerからWEB系への転進。企画やマーケティングも。多彩なキャリアパスを描ける技術者派遣業界

できる!女性エンジニア齋藤さん

斉藤さん29歳(仮名)

大人気SIerに就職してから気づいた女性のキャリアの悩みとつくりかた

大学時代に情報工学を専攻し、就職先として大人気だった大手SIerに就職した斉藤さん。
エンジニア志望ではなかったので開発言語はまったく知らない状態でしたが、会社の研修で必死に学び、メーカーの業務アプリケーションの開発や金融システム構築などに携わりながら知識と技術を取得していきました。
やがて会社の先輩開発者と同じレベルで技術的な話ができるようになり、社内の規定に従い昇進試験を受けて主任に合格。ひと息ついて、あらためて自分を振り返ると、エンジニアとしてようやくスタートラインに立ったといえる時点ですでに28歳。30歳で結婚しようと思っていた斉藤さんとしては、いつのまにか同じような業務を繰り返す日々に慣れてしまっていた自分に驚き、この成長スピードに悩んだといいます。

「安定しているというと聞こえはいいですが、昔ながらの会社だったので、30歳までに主任、30代で係長やチームリーダーに、40代で課長になってやっとマネージャークラス・・・というキャリアアップが一般的でした。でも女性の私としては、1日も早くマネジメントのスキルを身につけて、結婚後にこそ第一線でバリバリ仕事をしたいと思っていたので、そのままの働き方を続けていては間に合わないと判断したんです。」

あらためて女性としての自分のキャリアを見直して業界を変える決心をし、WEB系でのプロジェクトマネージャーを目指しました。

男性の年齢を基準にした昇給制度イメージ

エンジニアとして何でも経験できるIT企業、ただし技術以外でもやることが多い・・・

斉藤さんは大手SIerを退職したのちにIT企業へ転職したものの、メンバーの役割や分担がしっかりしておらず、工程や進行管理が雑に感じられ、なかなか違いになじめなかったといいます。それでもサービスに密着し、スピード感のあるWEB系ならではの開発は自分に合っていると感じたそうです。
入社後半年ほどで技術力と意欲が評価され、事業的なECサイトのひとつを任されましたが、今度は事業運営という、技術以外にやることが多い点に戸惑ったといいます。小売業界のことは何も知らず、企画はもちろん、WEBマーケティングも未経験だった斉藤さんとしては、チャレンジしたいという意欲がありながらも、やることが多過ぎて自信やモチベーションを無くしてしまったそうです。

「体系的に教えてくれる人もいない中、自分で勉強して覚えていく時間は・・・・・・、ほとんどありませんでした」

転職から1年で申し訳ないと思いながらもIT企業も退職。もっと技術的なことを中心に経験を積むためにエンジニア派遣(技術者派遣)のアウトソーシングテクノロジーに入社しました。

エンジニアとしてキャリアパスが多いエンジニア派遣(技術者派遣)のアウトソーシングテクノロジー

「アウトソーシングテクノロジーでは、ちょうどNAOくん(ロボット)を使った事業が始まるところでした。これらから波に乗る会社だと感じました。『派遣会社=日雇いや契約社員』というネガティブイメージしかない昭和オヤジの父に止められましたが、ちゃんとした正社員採用であることと『短期間でさまざまな経験をして自分をレベルアップするならこういう女性優先でプロフェッショナルの集まる会社しかない』という2点で説得しました。」

ヒューマノイドロボット「NAO」

多彩なキャリアパス

女性エンジニアのキャリアイメージ 女性エンジニアのキャリアイメージ

また、採用時に提案された「エンジニアとしてWEBマーケティング事業に関わりながら、WEBマーケティングツールの開発も行っていく」という点に魅力を感じたそうです。

「IT企業では教えてもらえなかったWEBマーケティングを体系的に教えてもらえるというのが、まず魅力的でした。そして、学んだことをツールやサービスとしてカタチにしていくのは、エンジニアとしてやりたくて仕方のないことでした。単に開発だけではなく、開発+アルファがあるアウトソーシングテクノロジーには、とても多彩なキャリアパスがあるのだということを知りました。」

現在、斉藤さんはアウトソーシングテクノロジーのWEBマーケティング業務に関わりつつ、ソフトウェアエンジニアとして充実した日々を過ごしています。

自分にチャレンジし続けるBさんの充実した1日 自分にチャレンジし続けるBさんの充実した1日
page top