キャリアパス Career path

  1. ホーム
  2. >
  3. キャリアパス

いちエンジニア以上の活躍も可能

アウトソーシングテクノロジーでは「エンジニアだからこの作業だけ」と限定はせず、希望する社員には幅広い活躍の場をご用意しています。
たとえば機械系のエンジニアで、お客様先の業務は全体の2割程度、他の時間は営業に同行してプリセールス的な動きをしている社員もいます。エンジニアに営業同行し具体的な提案をしてもらうことで、お客様からの信頼も大幅にUP。受注率に大きく貢献しています。こうした働き方をしている社員には、賞与で100万円以上の支給をするなどその頑張りを還元しています。「技術力」という武器に加え営業的な考えや取り組みができるエンジニアは、どこに行っても引き合いのある市場価値の高いエンジニアと言えるのです。アウトソーシングテクノロジーでもこういった多彩な働き方ができる人材を、賞与での貢献還元をはじめ、会社として支援しています。

SL、CL、TLというマネジメントポジション

TL(チームリーダー)のほかに、アウトソーシングテクノロジーの独自の体制として、SL(セクションリーダー)とCL(クライアントリーダー)のポジションがあります。
エンジニア派遣やSESなどの客先常駐では、担当営業がエンジニアをマネジメントしたり評価したりすることが一般的ですが、担当営業がエンジニア職の未経験者(非エンジニア)であることも多く、評価やコミュニケーションに不満を感じるエンジニアも少なくありません。

アウトソーシングテクノロジーのSL、CL、TLは、この評価とスキルアップをはじめとした技術に関するコミュニケーション部分を、上位エンジニアが行うことにした仕組みです。
TL(チームリーダーが8~10名のエンジニアをマネジメントし、CLがクライアントごとの数名のTLをマネジメント、SLがセクション(エリア)ごとのCLをマネジメントします。
この仕組みの導入により、営業担当も純粋に営業に専念できるため、同業他社に比べてていねいな対応ができ、営業担当に対するエンジニアの満足度は9割(社内調査)を超える好環境を構築できています。

スペシャリストもマネジメントも。多様なキャリアを支援

ひとくちにエンジニアといっても、働き方は人それぞれ。ひとつの技術にこだわりたい方、ひとつの業界に精通して仕事をしたい方、キャリアチェンジで幅広いスキルを身につけたい方・・・。アウトソーシングテクノロジーでは、多様なキャリアを支援できる環境をご用意しています。プロジェクトのマネジメントや、技術のスペシャリストも、大手メーカーへの移籍という選択肢も。また、内勤のマネージャーや技術研修の講師など、組織内で役職をもって活躍することも可能です。研修や業務を通じ、自分だけのキャリアプランを見つけてください。

ENTRYアウトソーシングテクノロジーへのエントリーはこちら