PAGE TOP
PAGE TOP

装置保守メンテナンス

アウトソーシングテクノロジーでは、全国3拠点の自社工場と国内外の協力会社との連携により真のワンストップサービスを目指しています。
また、工場の新規開設にも積極的に取り組んでおりお客様の工場内でのワンストップサービスもできる体制を構築します。

特長

新技術導入による差別化とマルチエンジニアのご提供

わたしたちが考えるワンストップサービスとは、現在自社工場では対応できない機器に関しても国内外の協力会社からの技術注入や業務提携により自社に取り込むことで、限られた商材しか扱えない単一企業ではなく、また、商社とも違う自社完結型の複合的なサービスを目指しております。
アウトソーシングテクノロジー プロダクトソリューション部エンジニアについても、今まで装置メンテナンスエンジニアとコンポーネント機器のメンテナンスエンジニアを別々で対応しておりましたが、双方の対応ができるような「マルチエンジニア」の創出に取り組んでおり、それによって発生する問題に対して様々なアプローチが行えるようになり原因究明のスピードアップや問題解決のための新たなご提案に大変喜ばれています。

お客様構内でのアウトソーシングテクノロジー工場開設

お客様のご要望によってお客様構内へアウトソーシングテクノロジー工場の開設を行います。
より密接なやり取りが可能となり、遠隔地では得難いメリットをご提供することが可能となります。

  • わずらわしい取外し・取付、梱包・出荷作業不要
  • 現地現物確認によるポンプ取り外し要否と、早期復帰対応が可能
  • ポンプの異常な動作に対し、不具合の発生要因を的確に把握
  • ポンプの故障状態が軽微な場合で最優先となれば、朝/受入れ → 夜/納品が可能
  • ポンプ使用状態を日々確認することで、使用条件等の変化を早期発見
  • アウトソーシングテクノロジーでの代替機の保有を行うことでお客様のコスト削減が可能

マルチエンジニア創出による効率化

例えば装置のメンテナンスを行う人にとって、真空引きしないポンプ=故障と思いがちです。
しかし、実際は真空ポンプに故障箇所はなく、装置側に不具合があるため、真空引きができない状態という場合も多々あります。
その場合従来の進め方だと、まず真空ポンプをメンテナンスに出し、代替機もしくは完了したポンプを装置に取り付け稼働させ、再び装置が停止してそこでようやく装置側に不具合があったということに気付くというケースもあり、結果的に工数・費用共にとてつもないロスが発生してしまうことがありました。
そこでポンプと装置両方の視点から見られるエンジニアがいれば、ポンプ修理を通して装置側の不具合を見抜く問題解決、保全作業のスピードアップにもつながり、故障箇所がない真空ポンプを修理するといった無駄も省けます。

メンテナンス対応リスト

※プロダクトソリューション部サービスサイトへ遷移します。

装置保守メンテナンスの実績

※プロダクトソリューション部サービスサイトへ遷移します。

上記分野以外のご要望やプロダクトのカスタマイズも

私たちアウトソーシングテクノロジーは、お客様と一緒に成長してまいりました。
今までに経験のない分野のご要望や、プロダクトの大幅なカスタマイズに対しても、
幅広い人材と設備、さまざまな経験により、業務を遂行できるスキームを構築してご提供いたします。
まずはお気軽にご相談ください。