Information

Information Top

2022年は「バーチャル・トランスフォーメーション元年」に ~アウトソーシングテクノロジー、xR(VR/AR/MR)についてのスペシャル対談を公開~

株式会社アウトソーシングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 一彦、以下 OSTech)は、「バーチャル・トランスフォーメーション(VX)」提唱者である株式会社アイ・ティ・アールのマーク アインシュタイン氏を迎え、xR(クロスリアリティ。VR/AR/MR等すべての仮想空間技術の総称)についてのスペシャル対談を行い、その模様をxR情報サイト「Motto AR(モットエイアール)」において公開いたしました。

Motto AR 特別対談「2022年は、バーチャル・トランスフォーメーション元年!」
https://www.motto-ar.com/the-first-year-of-virtual-transformation-202202/

「VR元年」と言われた2016年から6年。xR技術や仮想空間サービスは着実に進化をとげ、2021年後半には、Facebookを運営するMeta社の「メタバース企業化」宣言により、その認知度と市場の期待は一気に高まりました。そして迎えた2022年。ビッグテックによる革新的デバイスの発表や、仮想空間サービスの爆発的な登場・進化が確実視されています。

日本の産業界でも、xR技術への期待は膨らんでいます。2019年に経産省が発表した「2025年の崖」レポート*以降、日本のデジタル・トランスフォーメーション(DX)の遅れが指摘され続けていますが、その背景として、資材、製品、装置といった「モノ」や、熟練技術者の「感覚」等のフィジカルな要素をデジタル化することへの課題がありました。
2022年、大きな進化が始まるxR技術によって、フィジカルな領域のデジタル化が実現され、日本の産業界のDX推進の突破口となることが期待されています。

*経済産業省『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

■Motto AR 特別対談「2022年は、バーチャル・トランスフォーメーション元年!」
OSTechは、「バーチャル・トランスフォーメーション」の提唱者である株式会社アイ・ティ・アールのマーク アインシュタイン氏をゲストに迎え、弊社のシニアDXコンサルタントである峯尾岳大とともに、xR技術の発展と産業界での利用の拡大をテーマに対談を行いました。

Motto ARで、その対談の模様を「2022年は『バーチャル・トランスフォーメーション元年』に」と題した記事として公開いたします。

https://www.motto-ar.com/the-first-year-of-virtual-transformation-202202/

 

◆マーク アインシュタイン氏 略歴
株式会社アイ・ティ・アール チーフ・アナリスト
テレコミュニケーション及びデジタルメディア業界における市場調査、コンサルティング、経営分析で17年以上の経験を有し、韓国、日本、シンガポール、香港、オーストラリア等の大手キャリア及び大手通信機器メーカーで多数のプロジェクトを手がける。北アジアの大手キャリアへの5G事業計画立案の支援、日本の金融機関に向けてアジア太平洋20市場におけるIoT分野への投資機会分析、ゲーム市場における拡張現実の展望についての調査、シンガポールにおける医療、自動車、デジタルサイネージ、クラウドコンピューティング分野での5Gアプリケーションの適用可能性調査の遂行、マレーシアのワイヤレスブロードバンド事業者に対する需要サイドのデューデリジェンスの実施、コロンビア市場における顔認識技術の市場規模算出等に携わる。ワシントン大学で金融学、マーケティング、スペイン語の技術経営修士及び文学修士を取得、2017年より現職。

◆OSTech峯尾岳大 略歴
株式会社アウトソーシングテクノロジー
ソリューションサービス事業本部イノベーションプラットフォーム部
DXコンサルティング課
シニアDXコンサルタント
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)において経営企画業務に従事した後、コンサルティング企業にてデジタル・トランスフォーメーション(DX)領域におけるIT製品の事業戦略立案、新規事業創出のコンサルティング支援に従事。2020年2月 ai.deal株式会社創業時に取締役COO(最高執行責任者)に着任し、クラウドサービスの自動化・連携サービスの事業開発を担当。2021年3月よりOSTechに入社(現職)。顧客のDXプロジェクトの企画立案・コンサルティング支援に従事し、製造業・建設業の顧客を中心にDX推進プロジェクトを担当。2021年には約120社の顧客へのヒアリング活動を実施したほか、株式会社東洋経済新報社、株式会社日経ビーピー、株式会社日本ビジネスプレス等のオンラインセミナーにおいて講演活動にも従事。

 

■MottoAR について

xR技術を活用した業務改善に興味があるビジネスユーザーを中心に、xR技術を詳しく知りたい方、xRに関わるすべての方へ向けた情報を発信しているOSTechのメディアサイトです。

https://www.motto-ar.com/

『Motto AR』の特徴
・ビジネスに役立つ新鮮な情報を発信
国内外の最新xR情報や活用事例、現場が抱える課題解決策等、xRを活用した業務改善に興味をお持ちの企業様へ、ビジネス視点での情報をお届けします。

・初めての方向け情報が充実!
「AR、VRの違いがわからない」「聞いたことはあるけどハードルが高そう」という方にも安心。生活の中にあるxRやゲームアプリの情報等、身近なxR情報も幅広く紹介していきます。

・AR/MR技術に精通しているOSTechが運営
『Motto AR』を運営するOSTechは、xR技術を活用した企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進しており、ビジネスで役立つxR技術の活用や、課題解決のノウハウが豊富です。
また、日本で展開されていない海外のxR企業や最新技術情報もいち早くキャッチアップし、実践的な情報をご提供します。

『Motto AR』のコンセプトは、『xRをもっと面白く もっと近くに』。
私たちは『Motto AR』での情報発信を通じ、xRをより多くの方に知っていただくことで、国内でのxRマーケットを一層盛り上げてまいります。

 

OSTechの概要

社名
株式会社アウトソーシングテクノロジー
代表者
代表取締役社長 鈴木 一彦
本社所在地
東京都千代田区丸の内一丁目8番3号 丸の内トラストタワー本館16・17階
事業内容
・IT・機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣及び開発請負
・職業紹介業務(専門職の職業紹介)
・企業向けネットワーク、コンピュータ及び情報通信システム関連のハードウェア・ソフトウェア・サービスの輸出入、販売、設計・構築、保守・その他技術サービス等
設立年月
2004年12月
資本金
483百万円
売上高
104,387百万円(2020年12月期 連結)
在籍技術者数
連結 18,150名(2020年12月末現在)